妙弘寺【myoukou-ji】

妙弘寺 写真1

 慶長16(1611)年2月15日の創立。開山は小西檀林初祖通王院日裕。開基は道喜院日諦。開基檀越大久保忠佐(代官)。

 当時長柄郡の近郷では塩がないため村民が困難を極めた。茂原の名主白井・丸・安川の各氏が領主の大久保氏に嘆願を起こし、4日と9日の月6回に限って茂原に市(いち)を設け塩の流通を認めた。のち守護神の必要を感じ一宇を建て大黒天を祀り寺号を公称。山号を市場山(いちばさん)とし市場大黒天として地域の信仰をあつめる。 今では茂原法華七福神の一つとして参拝者を集めている。

 以後、現今に至るまで4の日、9の日に「市」がたち、茂原市の名物として有名である。
 毎年4月第一日曜日の花まつりには、「大黒天春まつり」をおこなっている。
 現住職の田澤元泰は山門整備、庫裡客殿を再建する。

 毎月第一日曜日の午後7時より法華経セミナーを開催し、法華経を中心としたお檀家ご信者さんにかぎらず、多くの方々に門戸を開いている勉強会を開催している。

 万灯講が組織され、老若男女問わず、多くの方が集まり、池上本門寺並びに茂原東身延藻原寺の御会式での万灯奉納など、地域でも非常に注目されている。

 毎年9月には落語家を招いて「まとい寄席」を開催している。檀家以外の人も大勢参加し、本堂の中で直接目の当たりに見る、本物の噺家の「落語」に触れ、古典芸能を堪能している。

寺院名称
市場山 妙弘寺 
(いちばさん みょうこうじ)
住所
〒297-0026 千葉県茂原市茂原1239
電話番号
0475-24-0760

住所:〒297-0026 千葉県茂原市茂原1239
電話番号:0475-24-0760

トップへ戻る

  • t̊Tv
  • @}bv
  • uO
  • @@|[^TCg