正蓮寺【shouren-ji】

正蓮寺 写真1

 小西法縁。大観には、慶長3(1598)年4月の創立。開山正蓮院律師日永とあり、市原市中野 光徳寺の末寺である。

 江戸時代より寺子屋を開校し、地域の若者たちの勉学の初門となっていた。

 明治6(1873)年学生発布と同時に第一大学区第二番中学区に属し、瀬又小学校が開校。

 現燈大塩孝信は、宗祖立教開宗750年慶讃並びに開山410年を記念して本堂改修、境内地拡張整備。新墓園の増設等寺観に荘厳を増す。母親の慈悲の思いを伝えるがため、慈母観音を建立し、その徳を伝える。

 副住職 大塩裕孝は、冬の寒行にて地域の子供達とともにうちわ太鼓を打ち鳴らし、お題目を唱え歩く。自らの信行を高めるとともに、子供らの健やかな成長を願い、世界の平和、交通安全を呼びかけている。また、定期的に東日本大震災の被災地に赴き、被災者に寄り添う「お茶っこ会」を開き、傾聴活動をし、心のケアに努めている。

寺院名称
法性山 正蓮寺 
(ほっしょうざん しょうれんじ)
住所
〒290-0151 千葉県市原市瀬又134-1
電話番号
0436-52-0207

住所:〒290-0151 千葉県市原市瀬又134-1
電話番号:0436-52-0207

トップへ戻る

  • t̊Tv
  • @}bv
  • uO
  • @@|[^TCg