2017年12月14日

歳末助け合い募金

千葉県内 茂原市・長生郡・市原市・木更津市・富津市・君津市・袖ヶ浦市の日蓮宗寺院112、結社1で組織する「日蓮宗千葉県西部社会教化事業協会(通称・社教会しゃきょうかい)」(市原市八幡 円頓寺住職 山津顕什会長)は、11月27日 午後5時より、市原市社会福祉協議会、千葉県西部寺庭婦人会協力のもと15名で、「歳末助け合い募金」の活動を、JR内房線 市原市 八幡宿駅構内にて行った。

募金1

通学通勤の人々が行き交う中、募金の協力を願う声かけを行い、多くの人が足を止め、募金に協力をして頂いた

募金2

集められた募金19,046円は、千葉県共同募金会 市原市支会にすべて寄託された。

募金3

募金にご協力頂きました皆様、誠にありがとうございました 合掌

寺フェス1

館山自動車道 君津インターチェンジにほど近い 君津市三直 蓮久寺(れんきゅうじ)江口隆晶(えぐち りゅうしょう)住職で11月19日「寺フェス蓮久寺~結YUI~」が営まれ、地域の親子約350人が参加した。

蓮久寺がある地区では昭和35年頃から企業の社宅や分譲住宅の建設が進み、新住民が増えていった。そこで、新旧の住民の交流を図ろうと、当時住職 江口隆祥前住職が昭和59年から「蓮久寺まつり」を開催。檀家もスタッフとして協力し、盛大に行っていた。ただ、運営側の負担が大きくなり、祭りは平成3年を最後に途切れていた。

江口隆晶住職は、山梨県南巨摩郡にある古より修験道の聖地でもある日蓮宗に縁が深い、七面大明神様をお祀りされる七面山(しちめんざん)敬慎院(けいしんいん)に山務の後、平成25年に自坊に戻った。江口住職が感じたのは、住民の結びつきが以前より薄れていたことだった。「もう一度、人と人との心がつながり、活気に満ちた地域にしたい」と考え、本堂を使って、写経会や映画の上映会を行う「寺シネマ」や、陶芸教室などをこの4年間開いて地域との交流を深めてきた。

こうした中で知り合った仲間に、祭りの復活を持ちかけたところ、同意を得て、今年5月に実行委員会を結成。準備を進めてきた。

寺フェスでは、境内にて沖縄そば、たい焼き、バームクーヘンなどの20の店が並び、アクロヨガやスラックラインなどの体験、ドッグショーなどが行われた。
日蓮宗のゆるキャラ こぞうくん も駆けつけてくださり、子供達一番の人気者であった。

寺フェス3

また、境内に設けられた特設ステージ上では、江口住職夫婦と縁の深い、川名湛忍(かわな かんにん)師(静岡県 富士川町 善国寺住職)による「法話ライブ」では、川名師自ら作詞作曲した仏教ソングに、観客は真剣に耳を傾けていた。

寺フェス2

祭りの終わりに江口住職は「今回の寺フェスは、一人で出来ることではありません。たくさんの「結」があってこそ出来ること。一人で生きているのではない、共に生きているんだ、自分だけ栄えていくのではなく、共にみんなで栄えていくんだ、そんなことをこの寺フェスではお伝え致したく、私自身も改めて感じた次第です。これからも、地域の方々に必要とされるお寺、みんなが笑顔になれるお寺、そんな環境作りに精進して参ります」とお礼の言葉を述べた。

江口隆晶住職は、古き良き伝統と受け継ぎつつ、新たな時代を見据え、人々から信頼を寄せる僧侶として、今、注目されている一人でもある。
地元においても、青少年相談員等、社会貢献活動にも尽力している。

11月1日から3日まで、檀信徒協議会(今井靖夫会長)並びに檀信徒青年会連絡協議会(鈴木敏文会長)と共催で東日本大震災復興支援第六回慰霊団参を開催し、教師・檀信徒39名が参加しました。

DSCF0593

一日目はバスにて現地に向かいました。その間福島で布教活動をしている佐野泰之師(茂原市如意輪寺住職)が法話。福島の現状を報告し自らの活動を通じて学んだ今なお続く災害の恐ろしさと復興支援また植樹の意義を「身を施す」身施とし実践の重要性を語りました。さらに田澤元泰師(茂原市妙弘寺住職)は最近被災地で度々心霊現象がみられる現実を紹介し亡き霊位へのいのりの場所はどこなのか、亡き被災者との時間を共有してほしいと慰霊法要の根本を説きました。さらに宿泊地の釜石市宝来館では「民話を伝える会」北村弘子女史と藤原マチ子女史の二人の主婦の相撲甚句にのせた歌詞での『あの日あの時甚句』を披露頂きました。

DSCF0594 DSCF0598

宝来館の女将の一言をきっかけに二人の共作で詩を作り、現在は九編があります。その中の藤原女史の兄を唄った兄弟編、感謝編、釜石東

DSCF0603

中鵜住居小編の三編が披露され、震災の現実を肌で感じました。

二日目は、大槌町蓮乗寺(木藤養顕住職)に向かい。木藤住職導師に震災物故者の慰霊法要を厳修しました。

DSCF0605

続いて参加の僧俗一体となって境内地に枝垂れ桜の植樹を行いました。

DSCF0628

 

この活動は平成26年10月第四回慰霊団参の時、釜石市で行われていた「桜を植える活動」を知りその趣旨に賛同して、翌年に浄財勧募を展開しています。これまでに700本分の浄財を集めました。ことに茂原市アスモさんには多大な援助を頂戴し、釜石市に寄贈。釜石市仙壽院の芝崎惠應釜石に桜を植える会事務局長の計らいで今回の植樹活動に至りました。参加者一同協力し、桜を植樹いたしました。結びに芝崎事務局長より御礼の言葉を頂戴しました。

 

DSCF0653 DSCF0672

午後からは遠野を巡り翌日は宮沢賢治記念館とえさし藤原の里と各地を回って、帰路に着きました。

参加者からは「回を重ねた団参の中で最も達成感のあるもので、関われたことに感謝したい」という喜びの声と未だ進まない復興の現状を学ぶ充実したものとなりました。

 

 

日蓮宗千葉県西部青年会(増田寶雲会長)は、10月10日、11日の2日間にわたり、君津市加名盛から茂原市茂原 本山藻原寺(持田日勇貫首)まで約45㎞、「道善御房供養塚『報恩抄』奉読・本山 藻原寺 開堂供養七四〇年 報恩記念」として唱題行脚(お題目を唱え、団扇太鼓を打ち鳴らし、行進)を行った。

 

行脚前日の10月9日午後、青年会有志で、加名盛山上の道善御房供養塚前にて日蓮大聖人が恩師・道善御房のためにしたためられた『報恩抄(ほうおんじょう)』を2時間かけて奉読した。

 

10日の初日、青年僧とOB僧侶が天台笠(てんだいがさ)に手甲(てっこう)脚絆(きゃはん)姿になり加名盛に集合し、出発。お題目・南無妙法蓮華経の旗を先導に久留里街道を歩き、道中お題目の声を響かせ歩を進めた。途中、供養塚を管理している君津市浦田 妙長寺(山田妙眞住職)を参拝。房総ふれあいの道を通過して、圏央道 市原鶴舞インター付近にて、約23㎞の行程の1日目は終了した。

行脚3

 

2日目、市原鶴舞インターより出発し、日蓮聖人が立教開宗の折、法難を受けられた後に21日間篭ったと伝えられている長生郡長南町 天台宗 笠森寺の笠森観音を参拝。

 

その後、行脚一行は、長南町 長久寺(月崎了浄住職)、茂原市墨田 妙源寺(増田寳泉住職)を参拝。いよいよ最終目的地を目指し出発。藻原寺貫首 持田猊下はじめ、歴代青年会長の畠山日慶猊下(本山 正法寺貫首)、土井了真宗務所長、青年会ОB、そして檀信徒の方々が団扇太鼓を片手にお題目を唱え迎える中、藻原寺に到着した。

 

全行程、約45キロの行脚を終え、引き続いて増田会長を導師に、行脚青年会員一同とともに「完遂報告式(かんすいほうこくしき)」を、藻原寺本堂にて行った。

行脚1

 

法要後、増田会長は「建治2年(1276)7月、日蓮聖人の命により、日向(にこう)上人・日實(にちじつ)上人は、加名盛にある日蓮聖人御師範 道善御房の墓前にて『報恩抄』を奉読されました。そして、同年7月に本山藻原寺の前身となる法華堂が新たに建立されることを受け、同じく日蓮聖人の命により、日向上人が茂原まで出向き、法華堂の開堂供養をされました。その時以来、昨年平成28年に740年の節目を迎え、この千載一遇の機会に、私たちは、感謝報恩の思いを捧げ、行脚をさせて頂きました。この行脚で思ったこと、感じたことを胸に、青年僧の若き力をさらに発揮し、日蓮聖人御降誕800年に向け、一致団結して参る所存です」と涙ながらに謝辞を述べた。

 

参集の檀信徒の方々は、声を枯らし、足を引きずり、懸命な姿でお題目を唱え歩いてきた青年僧の姿を間近にし、「お疲れ様でした」「ありがとうございます」「南無妙法蓮華経」と声を掛けられ、合掌で敬いあった。

 

往時、日蓮聖人をお迎えになられた齋藤公、墨田公。開堂供養で日向上人を迎えられた檀越の姿が偲ばれる光景でもあった。

 

道中、手を合わせ祈りを捧げてくださった方々、応援してくださった方々、浄財を喜捨いただきました皆様、誠にありがとうございました。

 

行脚2

 

IMG_2296

千葉県西部青年会(増田寶雲会長 茂原市妙樂寺住職)主催の第36回少年少女夏季修養道場が、身延山久遠寺研修道場を会場に7月26日(水)~28日(金)の二泊三日の日程で「お坊さんと遊ぼう」をテーマに道場生39名とスタッフ22名の総勢61名で行われました。

1日目は朝6時半に茂原市を出発し、11時に身延山に到着。昼食を挟んで仏前作法の講習が行われ開場式へと移りました。慣れない正座に苦戦しながらも、子供たちは力強い唱題を響かせました。

増田会長は読経後の挨拶で「修養道場は遊びと学びが両方あります。仲良く遊んで学んで下さい」と語り、続いて土井了真宗務所長(長生村・法輪寺住職)が挨拶し、自身の好きな相撲にたとえ、「どんどん前に出ていく人生を目指してもらいたい」と話しました。

その後に身延山久遠寺へと移動し、かつて修養道場を経験し、昨年から身延山在院生として修行されている三橋正輝君(白子町・妙法寺寺族)の諸堂案内を受けました。夕食後には研修道場で唱題行が行われ、午後九時に就寝しました。

2日目は午前4時半に起床し、久遠寺の朝勤に参列。その後に御廟所を参拝して研修道場に戻り朝勤を行いました。午前中は写経と写仏を行い、午後には参道を使ってポイントラリーを行いました。子供たちは昨日からの疲れも見せず、スタッフの体重当てゲームやクジ引きなどチェックポイントでのゲームや、身延山内の散策を汗を流して楽しみました。

3日目の閉場式では、1人ずつ名前が読み上げられ修了証が手渡され、増田会長は「この修養道場の経験を活かして夏休みを目一杯楽しんで下さい」と励ましの言葉を送りました。続いてお楽しみの富士サファリパークに立ち寄り、子供たちは間近に見れる動物たちの姿を楽しみ、二泊三日の修養道場が修了しました。

IMG_2433

トップへ戻る

活動ブログ

  • 千葉西部の概要
  • 寺院マップ
  • 活動ブログ
  • 日蓮宗ポータルサイト