日蓮宗の大荒行堂での修行を成満して、様々な祈祷を行う僧侶を「修法師(しゅほっし)」といいます。
  千葉県西部宗務所管内の修法師で構成された会が修法師会です。

  7月9日、修法師会会長 畠山義浄上人の自坊、茂原市實相寺にて、修法師会の読誦会があり、修法師約20名が参加しました。
  今回の読誦会では、午後2時より、畠山会長が御祈祷の時にお読みするお経についての講義を行いました。
  午後3時より、本堂にて法華経を唱え、御祈祷をし、管内各寺院の檀信徒の家内安全を祈願しました。(全員一心に読経をしておりましたので、写真は撮っておりません)

19_1_large
實相寺 本堂

6月29日午前 茂原市茂原 本山 東身延 藻原寺(そうげんじ)を会場に 日蓮宗千葉県西部檀信徒協議会 理事会を開催
引き続き、午後より管内112の寺院、1結社のそれぞれの総代・護持会役員が約120名集まり、年1度の総会が開催されました

IMG_0098

13時の受付開始に始まり順次、千葉県西部宗務所謹製 日蓮大聖人ご染筆の御題目のお写経。
13時30分より大堂(だいどう)にて 藻原寺貫首 持田日勇猊下 大導師のもと 参加者一同とともに法華経とお題目の功徳を捧げました。
その後、会場を本堂にあたる仏殿(ぶつでん)に移し、日蓮宗の常任布教師 静岡県 円恵寺住職  塚本智秀師により「いのちに合掌」と題し高座説教行が行われ、檀信徒としての心構えを堅固にせねばならないと参加者一同、心新たに誓うべく 法話を頂いた。

IMG_0095

15時からの総会では、檀信徒青年会副会長 大網健益氏の司会進行により
檀信徒協議会副会長 秋葉弘道氏の開会宣言。
宗門より提供された教宣を手に山本隆真宗務所長(市原市 光福寺住職)の発音により全員で妙法蓮華経 常不経菩薩品第二十の二十四文字をお唱えした。

IMG_0101

議事進行は、今井靖夫会長が議長となり円滑に進行。
本年10月に身延山輪番奉仕
檀信徒青年会は昨年に続き七面山登詣を実行することが発表されました。

また、永年勤続者表彰では、茂原市妙光寺檀徒 阿部倉かね様が、お寺の護持に貢献された檀信徒として栄誉が贈られました。

16時30分 副会長 佐宗 隆氏の閉会の言葉をもって日程を終了。それぞれが、菩提寺を大事にしてゆくことを誓い散会した。

総会中、日蓮宗新聞購読の拡張。
本年7月29日〜31日、千葉県鴨川市 大本山清澄寺での「青少年修養道場」の参加募集。
本年10月15日〜16日、千葉県鴨川市 大本山清澄寺での檀信徒研修道場参加の呼びかけ。
それぞれが行われた。

千葉県西部宗務所(山本隆真所長/市原市光福寺住職)では、土井了真宗務所長時代、檀信徒協議会との共催により、「東日本大震災復興支援 慰霊団参」を毎年実施していました。

その活動の一環として、桜の苗木を約700本寄贈するとともに、被災地との絆を結ぶ桜植樹を岩手県大槻町の蓮乗寺さまにて行っています(第6回慰霊団参の記事はこちら)。

このたび、蓮乗寺さまより、そのしだれ桜が開花したとご連絡を頂きました。蓮乗寺さま、ありがとうございます。

sakura1

10本のうち、3本が今年開花したそうです。

これを励みに、引き続き復興支援活動に取り組んで参りたいと思います。

sakura2

2019年5月23日

寺庭婦人会総会

  本年結成35周年を迎える寺庭婦人会(大塩順子会長・市原市正蓮寺寺庭婦人)では、5月21日(火)10時より本山藻原寺を会場に総会を開催しました。

IMG_0069

  法味言上の後、木更津市光明寺前住職夫人の石野澄子氏を講師に「空から寺へ‼」と題し、講演が行われました。澄子氏は、本山弘法寺石野日英前貫首(平成24年遷化)夫人で、現在も澄子夫人を母と慕い光明寺に訪れる僧侶は多くおります。生前の石野貫首は随身生教育に特に力を注ぎ、「旅行先で宿泊したら、お坊さんが泊まった部屋と分かる様に後を残してきなさい」と僧侶としての立ち振る舞いを訓示されていました。

IMG_0066

  講演では、キャビンアテンダントの経験から、「人は出会って4分で判断される」と他人から注意をされることがほとんど無い僧侶に対して、「我々が気を付けて注意しなくてはいけない」と第一印象の大切さを話され、また、「お寺に来た人の心が幸せになっていただけるために、住職と檀信徒との架け橋になれる様に陰から支える事が寺庭婦人の役割」と寺庭婦人の心構えとして語られました。

  今、わが子をどの様に僧侶に育てて行くかを悩む寺庭婦人は多く、宗門の一大事業として運動に取り上げられている通り、師弟教育につながる寺庭婦人にとっては貴重な講演となりました。

  昼食後の研修会では、石川あるみ氏(市原市本念寺寺庭婦人)の指導により「ぺーパーフラワー」の作成に奮闘しました。

IMG_0078

  当会は、10月に「35周年報恩身延山団参」を予定しています。

2019年5月23日

第18回 お題目初唱会

  『お題目初唱の霊場』として知られる茂原市・本山藻原寺(持田日勇貫首)で、令和元年5月11日、「第18回お題目初唱会(しょしょうえ)」が行われ、僧侶檀信徒合わせて約100人が参加しました。

【千葉西】20190511 お題目初唱会 ②行脚道中

  正午、藻原寺大堂前から玄題旗、近隣寺院の高張提灯、持田貫首、青年会員、檀信徒が行列し、茂原市街五キロの道程を団扇太鼓を打ち鳴らしながら高らかにお題目を唱え練り歩きました。

【千葉西】20190511 お題目初唱会 ③行脚到着

  午後2時30分、雅楽の調の響く中、持田貫首を導師に大堂で法要が営まれ、日蓮大聖人ご真筆『日向聖人授与ご本尊』をご開帳し、和讃奉唱がなされました。

【千葉西】20190511 お題目初唱会 ④法要の様子

  法要後は、講談師の一龍齋貞花師匠による「七面天女の由来」が披露され、参加者を楽しませました。

  持田貫首は、『日蓮大聖人大銅像』完成への強い決意と、参加者への労いの言葉を掛けられました。法要後、仏殿において清宴が開かれ、参加者一同は互いを労うと共に懇親を深めました。

トップへ戻る

活動ブログ

  • 千葉西部の概要
  • 寺院マップ
  • 活動ブログ
  • 日蓮宗ポータルサイト