20180316_124901

千葉県西部宗務所(土井了真所長)は『道善御房祥月命日忌第七四三遠忌報恩法要』を三月十六日、君津市妙長寺(山田妙眞住職)にて開催し、僧侶檀信徒六十名が参加しました。

20180316_125247

法要前に参加者は管区謹製御題目写経をし、午後十二時半より妙長寺本堂にて、山田住職を導師に法要が行われました。雨天の為に当初企画した君津市加名盛での和讃奉納を妙長寺に変更。法要中、千葉東部和讃普及会、千葉西部和讃振興会による和讃の奉唱が行われ、道善御房の遺徳を偲びましだ。法要後、山田住職より妙長寺の縁起と当初の行程であった日蓮大聖人経塚、道善御房供養塚のある加名盛の由来が説明されました。

挨拶で山田住職は「平成二十七年九月に加名盛にて発見された井戸、星の井戸は約二年間水が出ませんでしたが、今年の二月に再び水が出るようになりました。水を大事に使いなさいと教えられた感じが致しました。この水を使って日蓮聖人は経石に写経をされました。また再び水が出ましたので、私も経石の写経を実践したいです」と述べました。

20180316_124937

 

千葉県西部寺庭婦人会(出口直美会長)では年番としてを2月19日に一宮町・ホテル一宮シーサイドオーツカで開催し、45名が参加しました。

DSCN2403 (1)

 初めに午前10時より吉荒祐子副会長(白子町・本従寺内)司会のもと、関口直実副会長(市原市・妙長寺内)が開会の辞を述べ、出口会長(市原市・行光寺内)が歓迎の挨拶をしました。

 次に冨永観瑞教区長(多古町・妙光寺住職)が毎年研修会を行っている事を評価し、続いて土井了真所長(長生村・法輪寺住職)は2020年に開催される東京オリンピックのサーフィン会場となる一宮での研修会であると述べ、更に本山藻原寺の持田日勇貫首は今回の講師を紹介し力を入れている事を述べ、来賓として挨拶をしました。

 第1部では日蓮聖人御降誕800年記念慶讃事業となり日蓮聖人御遺文全国朗読行脚を行う嵐圭史講師による御遺文の朗読と解説が講演されました。

 嵐講師は昭和56年の日蓮大聖人第700遠忌事業の日蓮聖人劇を演じた事から日蓮聖人のお言葉を役者として「南無妙法蓮華経、我れ日本の柱とならん。我れ日本の眼目とならん。我れ日本の大船とならん。」と開目抄の一説を力強く語りました。また、入滅の際に6人のお弟子(六老僧)に語る様子を演じ、出家の為に清澄寺に登る涕涙石での母との別れや子を亡くした母へのお手紙等、寺庭婦人に対する心配りを見せ、思いを語りました。

 第2部では、午後1時より柳亭一坊師の前座があり、白子町出身の三遊亭美るく師の落語を堪能し笑い溢れる清興となり、閉会式が行われ、懇親会では各管区の親睦を深め、午後3時終了しました。

 今回の嵐講師による講演は全国の寺庭婦人会では初めての講演になりました。

 

平成30年2月13日(火)、茂原市實相寺に於いて、畠山義浄住職の日蓮宗大荒行堂第五行成満帰山奉告式が厳修され、近隣寺院と檀信徒合わせて100名が参列しました。

法要に先立ち、火災焼失(平成10年)から昨年見事に再建された高師観音堂にて、畠山住職を導師に荒行僧8名が法味を言上し、午前10時に帰山行列が檀信徒と共に高師八幡神社を出発しました。行列到着後の10時30分に参列者に見守られる中、水行式が行われました。

畠山義浄上人帰山式_180215_0043

その後、本堂にて實相寺和讃会による五行成満慶祝和讃が奉唱され、11時に荒行僧が入堂し開式しました。まず、五行成満の許証と傳師相承允許証が吉野了廣修法師会長(長生村・本養寺住職)より授与され、続いて傳師相承認証書が土井了真宗務所長(長生村・法輪寺住職)より授与されました。吉野会長は祝辞で「一番喜んでいらっしゃるのはお祖母さん」と、修行中に逝去された畠山住職の祖母(畠山淑・先々代住職畠山義暢師令夫人)の事に触れられました。

畠山義浄上人帰山式_180215_0040

続いて全堂代表・菅野海應師(神奈川県・唱導寺住職)からは修行中の様子が話され、「修法に対する知識、姿勢、どれを取っても全行僧が憧れる存在だった」と紹介されました。

畠山師は謝辞の中で「初行入行から22年、五行成満させて頂いた御恩に報いる為に今後も精進して参ります」と述べ、割れんばかりの拍手の中、深々と頭を下げました。当日は晴天に恵まれ、実にすがすがしい式でありました。

千葉県西部管区から選出されている宗会議員である大塩孝信師(市原市・正蓮寺住職)が宗会議長に就任し、平成30年2月26日(月)に順子令夫人と共に激励祝賀会が茂原市割烹かたおかに於いて開催され、管内有縁の僧侶36名が出席しました。

20180226_174313287 (1)

初めに発起人を代表して持田日勇貫首(茂原市・本山藻原寺)が挨拶し、本日の開催経緯と管内選出宗会議員の歴史と功績を紹介しました。また、大塩師が降誕800年に向けて800万遍の唱題をされていることに触れ、宗会の合間に身延山久遠寺や小湊誕生寺でも唱題行をされている事を話されました。また、日蓮聖人御遺文の戒法門(定1944)をあげ、仁・義・礼・智・信の中で大塩師は「智」の人であると激励しました。

次に来賓を代表して土井了真宗務所長(長生村・法輪寺住職)が祝辞を述べ、発起人の田澤元泰師(茂原市・妙弘寺住職)から参加者を代表して記念品が贈呈されました。大塩師は「26才から青年会に入会して以来、先輩の背中から学ばせていただいた」と謝辞し、「これからも邁進して行く」と誓いまいした。

20180226_174800188

続いて畠山日慶貫首(大網白里市・本山正法寺)が順子令夫人の内助の功を称えて乾杯となりました。花束の贈呈など和やかに進行し、千葉教区の宗会議員を代表して長谷川雄一宗会議員(匝瑳市・朗生寺住職)が祝辞を述べ、最後に発起人の増田寳泉師(茂原市・妙源寺住職)が挨拶をして閉会となりました。

千葉県西部宗務所(土井了真所長)では10月27日、君津市、妙長寺(山田妙真住職)と同市加名盛山頂にある日蓮聖人経塚、道善御房供養塚に於いて、顕彰報恩法要と御題目写経納経之儀、そして道善御房供養塚墓参之儀を行い僧侶・檀信徒45名が参加した。

IMG_1867

正午に妙長寺本堂にて、管内謹製の御題目写経を一同で書写し、御宝前に奉安した。

 

続いて午後1時より土井所長を導師に日蓮聖人と恩師道善御房へ感謝の報恩読誦法要を営み僧俗一体に報恩抄を奉読した。

 

謝辞では副導師の山田住職が「先日の台風で加名盛山頂の参道に杉が7本倒れていたのを同地を代々守られている当主の本吉初雄氏が、伐採整備してくれたので顕彰活動を行う事ができた」と感謝を述べた。

IMG_1859

次に妙長寺より十数キロ離れた加名盛山頂へ移動し本吉家から山本隆真副長(市原市・光福寺住職)を先頭にお題目行進し山頂を目指し、日蓮聖人お清めの井戸である「星の井戸」で一読し、祖師堂に向かった。

IMG_1865

祖師堂では土井所長を導師に顕彰法要を営み、妙長寺で書写した御題目写経と各組の統一信行会で書写した同写経を山本副長が顕彰碑に納経し、山頂の道善護房供養塚の墓参をし、土井所長が謝辞を述べ午後3時30分解散した。

IMG_1878

トップへ戻る

活動ブログ

  • 千葉西部の概要
  • 寺院マップ
  • 活動ブログ
  • 日蓮宗ポータルサイト