令和2年2月15日 お釈迦様涅槃会の聖日、市原市草刈 行光寺(出口幸祥住職)にて市原地区統一信行が開催された。当日は僧侶、檀信徒約50名が参加した。

昨年の台風被害と竜巻被害から復興した本堂で、「日蓮大聖人降誕八百年記念法要」が営まれました。

千西200226-2-300x225

法要では、日蓮宗千葉県西部声明師会 雅成会(がじょうかい)会員による雅楽演奏の中、新たに修復された釈尊涅槃図の開眼修法が行われました。

導師をつとめた会場寺院の出口住職は「檀信徒のみなさまのご信仰により本堂が無事復旧された。この恩に報いるため更なる精進を続ける。」と語った。

法要後は余興として、小湊鉄道in歌声列車等で活躍中の、原地宏幸さんによる『ハーモニカで歌おう懐かしの歌』と題し、参加者が一体となりハーモニカの音色に合わせ合唱し、気持ちのよい1日を一同が過ごした。

令和2年2月11日 茂原市墨田 妙源寺(増田寳泉住職)において地域住民が参加し、「餅つき大会&昔遊び体験」が行われ、大人30名余、子供20名が つきたてのお餅の味を楽しみました。集まった子どもたちに楽しんでいただこうと「昔遊び体験」では、駒回し 竹とんぼ作り べっ甲飴作り等が行われました。

千西200302-2-300x225

この行事は毎年、副住職の増田寶雲師(箕輪 妙樂寺住職でもあります)が行っている寒修行で近隣の住民から寄せられた浄財を地域に還元しようと開催され今年で12回目を迎えます。

この寒修行は、冬の小寒から大寒までの間 うちわ太鼓を手に御題目・南無妙法蓮華経をお唱えしながら歩く唱題行脚(しょうだいあんぎゃ)というもの。 自身の修行はもちろんのこと、地域の人々の安穏なる暮らし 交通安全を願うとともに 各地に眠る先人達の慰霊を目的に始められたものである。

参加者は、「大型施設ではなく、おじいちゃんおばあちゃん、親子、兄弟姉妹が安心して ゆったりと参加できる。毎年楽しみにしている。」「子どもたちの笑顔が身近に見られることは幸福なこと」との声が聞こえました。

寒修行中に寄せられた浄財は、福祉や交通遺児たちのために役立てて欲しいと、千葉日報福祉事業団に寄託されました。

日蓮宗千葉県西部宗務所(山本隆真宗務所長=市原市光福寺住職)では、このたび、広報誌『いのり』を創刊いたしました。

宗務所では、檀信徒の皆さまにご参加頂きたい行事を開催しております。皆さまへもう少し直接伝える方法が無いかと考え、行事参加募集だけではなく、お釈迦様・法華経・日蓮聖人のお教えの一端もお伝えできる広報誌を発刊することに致しました。

広報誌『いのり』は、各寺院から檀信徒の皆さまに配布させて頂きます。下のリンクをタップすると画面でも見られます。

いのり-01(創刊号)-R01.12

inori

私たち日蓮宗は、令和3年2月16日に宗祖日蓮聖人ご降誕800年を迎えます。その時に「仏の子」の姿でありたいと願い、『いのちに合掌』を合言葉に精進していく所存です。広報誌『いのり』を是非ご高覧頂きますようお願い申し上げます。合掌

日蓮宗千葉県西部青年会(山本典征会長 市原市古都辺 行福寺住職)では、10月の台風豪雨水害に見舞われた茂原市に元気を取り戻そうと、12月21日(土)、茂原市茂原 日蓮宗 本山 藻原寺(そうげんじ)駐車場(持田日勇貫首)を会場に「復興広場」を開催。あわせて復興義援金を募りました。

千西191227-3-300x224

青年会では毎年冬休みに入る時期に修養道場同窓会(しゅうようどうじょう どうそうかい)を開催し、レクリエーションやゴミ拾い等のボランティア活動を行ってきました。しかし、10月の豪雨災害で甚大な被害を受けた茂原市の状況を目の当たりにし、今回の復興イベントの開催に切り替えることにしました。被災者である地元自治会青年部をはじめ、様々な団体の協力を得て実現しました。

実行委員長の田澤裕泰師(茂原市茂原・妙弘寺副住職)は「この災害で運動会やバザーが中止になり、子どもたちが喜んでくれる企画をしたかった。地元の人々と一緒に成し遂げる事が復興に繋がると思う」と、開催の経緯を語りました。

会場では餅つき体験やゲームコーナー(ピンボール)の他に、焼きそばやフランクフルトなどの出店は全て無料で振る舞われ、各店舗300食用意した食材は午後1時には、ほぼ完売しました。災害以降、静かになった街に久しぶりに子どもたちの笑い声が溢れました。

同25日、集まった義援金55,801円は「令和元年10月大雨災害義援金」として茂原市長・田中豊彦氏に手渡されました。

令和元年11月16日、当管区の宗務所長が住職を勤める、市原市 光福寺にて、『日蓮聖人御降誕800 年慶讃本堂落慶奉告式』が営まれ、僧俗約100 名が祝福いたしました。
山本隆真住職は謝辞にて「入寺以来、常にこの日を願っていた。20年間、寺族・檀信徒が異体同心となって、新本堂の完成に向け歩み続けてきた。全ての方々への感謝を胸に、これからも光福寺の発展に全力で尽くします」と熱く語られました。

光福寺

トップへ戻る

活動ブログ

  • 千葉西部の概要
  • 寺院マップ
  • 活動ブログ
  • 日蓮宗ポータルサイト