6月2日(土)、木更津・富津・君津・袖ヶ浦地区の19ケ寺の日蓮宗寺院「六組寺院連合会」による統一信行会「第36回 信行の集い」が君津市長遠寺(若尾瑞光住職)にて開催し、僧侶・檀信徒百名が参加しました。

20180602_133004

午後1時30分より唱題行脚。
山田妙真上人(君津市妙長寺住職)を先頭に、横山明光上人(君津市正覚寺副住職)が玄題旗(お題目が示された旗)を掲げ、それぞれの寺院・檀信徒代表者が持つ「信行旗」、そして参加者が事前に写経した「御題目写経」納経者が行進し、本堂に奉奠致しました。

引き続き、開会式が行われました。
土井了真宗務所長(長生村法輪寺住職)より挨拶があり、長遠寺檀信徒の綿密な計画により、信行の集いが開催されたことへの、労いの言葉が述べられました。

S__8355849

午後2時より、若尾住職を導師に六組寺院修法師出仕のもと世界平和祈願法要が行われました。参列者全員でお題目を唱え、若尾住職による世界に響く力強い回向文が読み上げられました。

DSC_1949

法要後、木村順誠上人(木更津市成就寺住職)より、「葬儀はなぜ必要なのか」についての法話があり、葬儀を行う心構えについて力説しました。

閉会式の挨拶で若尾住職より「何度も信行の集いに参加されている方は、教えを受ける側にいるだけでなく、法華経を弘める側に、ぜひ立って頂きたい。法華経を弘める喜びを感じ取って欲しい。僧侶と檀信徒、みんなで法華経を弘めれば、真の平和が必ずやってきます」と信行の集い開催への思いが述べられました。

来年は、君津市妙浄寺(豊島晴明住職)で開催されます。
参加者は「また来年お会いしましょう」と、再会を楽しみに家路につきました。

2018年5月12日

第17回お題目初唱会

CIMG6668

日蓮門下『お題目初唱の霊場』として知られる茂原市・本山藻原寺(持田日勇貫首)で5月12日、「第17回お題目初唱会(しょしょうえ)」が行われ、僧侶檀信徒合わせて170人が参加しました。

 

CIMG6740

正午、藻原寺大堂前から題目旗、近隣寺院の高張提灯、持田貫首、青年会員、檀信徒が市街地5キロの道のりをお題目行進。

CIMG6749

午後2時30分、雅楽が奏でる中、持田貫首を導師に大堂で法要が営まれ、日蓮聖人ご真筆『無量世界曼荼羅ご本尊』をお開帳し、和讃奉唱がなされました。

CIMG6752

法要後は、講談師の一龍齋貞花師匠による「塚原三昧堂の御難」が披露されました。

持田日勇貫首は、参加者へねぎらいの言葉を述べ、「7月8日に行う予定の『日蓮大聖人大銅像胸像の開眼式』と来年日蓮聖人の降誕日に行う予定の『お題目一万遍唱題修行』の参加を呼びかけ、『願わくばこの功徳をもってあまねく一切を及ぼし我らと衆生と皆共に仏道を成ぜん』と語りました。

CIMG6722

毎年の参加者からは、「今年のお題目行進は、例年に比べ暑くてつらかったが持田貫首様自らが太鼓を叩きながら歩く姿に、力をいただいた。毎日元気に過ごして来年もぜひ参加したい」

初めての参加者からは、「皆で行なう一体感に感激した」と言った声が聞かれました。

千葉県西部宗務所(土井了真所長)では10月27日、君津市、妙長寺(山田妙真住職)と同市加名盛山頂にある日蓮聖人経塚、道善御房供養塚に於いて、顕彰報恩法要と御題目写経納経之儀、そして道善御房供養塚墓参之儀を行い僧侶・檀信徒45名が参加した。

IMG_1867

正午に妙長寺本堂にて、管内謹製の御題目写経を一同で書写し、御宝前に奉安した。

 

続いて午後1時より土井所長を導師に日蓮聖人と恩師道善御房へ感謝の報恩読誦法要を営み僧俗一体に報恩抄を奉読した。

 

謝辞では副導師の山田住職が「先日の台風で加名盛山頂の参道に杉が7本倒れていたのを同地を代々守られている当主の本吉初雄氏が、伐採整備してくれたので顕彰活動を行う事ができた」と感謝を述べた。

IMG_1859

次に妙長寺より十数キロ離れた加名盛山頂へ移動し本吉家から山本隆真副長(市原市・光福寺住職)を先頭にお題目行進し山頂を目指し、日蓮聖人お清めの井戸である「星の井戸」で一読し、祖師堂に向かった。

IMG_1865

祖師堂では土井所長を導師に顕彰法要を営み、妙長寺で書写した御題目写経と各組の統一信行会で書写した同写経を山本副長が顕彰碑に納経し、山頂の道善護房供養塚の墓参をし、土井所長が謝辞を述べ午後3時30分解散した。

IMG_1878

千葉県西部宗務所管内、茂原・長柄・長南地区一組二組寺院連合主催による地区統一信行会が、10月29日に長柄町・光明寺(亀井玄栄代務住職)を会場に台風22号の接近の中、開催され、僧侶・檀信徒90人が参加した。

IMG_1887

参加者は、事前に管内謹製のお題目写経を自宅で書写して持参し、午後1時より佐野泰之師(茂原市・如意輪寺住職)司会のもと日程説明がなされ、開式の辞を光明寺の池沢映夫筆頭総代が述べられ、土井了真宗務所長(長生村・法輪寺住職)が挨拶で「日蓮宗新聞の未購読寺院がなくなり管内全113ヶ寺が購読達成した」と協力の御礼を述べた。

 

次いで、亀井代務住職を導師に一組二組寺院教師出仕のもと日蓮聖人第736遠忌の報恩御会式法要が厳粛かつ壮麗に執り行われ、お題目写経を当寺の池沢筆頭総代が納経した。

IMG_1899

続いて、清興では一龍齋貞山講談師による日蓮聖人御一代記の御入滅を主力に講談が行われた。

 

最後に亀井住職はお礼の謝辞を述べ、次回開催寺院となる茂原市・本山藻原寺の鎗田泰夫総代より来年の参加と日蓮大聖人大銅像建立の協力を強く呼び掛け、閉式となり午後3時30分終了した。

 

市原地区・4組5組寺院連合主催による護法統一信行会が11月3日、市原市福増・本念寺(石川央樹住職)を会場に日蓮聖人第736遠忌報恩お会式法要が開催され、僧侶、檀信徒60人が参加した。

CIMG6377

法要は、石川住職を導師に営まれ、林信次総代が「家庭内で信仰を受け継がせ、菩提寺を盛り立てます。さらには全世界が恒久平和であるよう立正安国の実現に努力して参ります」と力強く誓いの言葉を述べた。

無題

次いで布教師会長である高鍋隆盛師(市原市妙蔵寺内)が「日蓮聖人のご遺文に「功徳を回向するを上品とす」とあるように自分だけではなくて次世代に継承すること。物事は、あって当たり前ではなく、忘れてはいけないのは「恩に報いる」ことである」と語った。

CIMG6374

参加者からは、「ゆっくり大きな声で聞きやすかった。今までは、自分の願いばかり祈っていたので、今後は、お寺や住職、地域のために祈りを捧げていこうと思う」と言った声が聞かれた。

トップへ戻る

活動ブログ

  • 千葉西部の概要
  • 寺院マップ
  • 活動ブログ
  • 日蓮宗ポータルサイト