5月26日、日蓮宗千葉県西部青年会では、木更津市感応寺(山口寿光住職)にて、コロナウイルス退散祈願法要を行いました。
檀信徒や一般の参列は感染予防の観点からご遠慮いただき、Twitter などインターネット経由で「同じ時間にご自宅で一緒に手を合わせる」ことを告知しました。
有難いことに Twitter の動画は、大勢の方が閲覧して頂きました。ありがとうございました。

緊急事態宣言が終わりましたが、まだまだ人々の心にはコロナへの不安や自粛生活へのストレスなど残っています。
この法要の祈りは、これからの安穏な生活を送ることができる希望が生まれ、多くの人々にお釈迦様・日蓮聖人の温かい眼差しが届いたと思います。

千葉県西部青年会(会長=山口寿光)では、令和2年5月26日(火)14時より、会長の自坊である木更津市金田 感応寺(木更津市瓜倉601)にて、コロナウイルス退散祈願法要を行います。

220200526コロナ退散法要ポスター_page-0001

~早期終息の祈り 人々の笑顔を取り戻す功徳~

■ご自宅で一緒に手を合わせませんか?

皆様の健康と安全を最優先に考慮して、当日の檀信徒や一般の方のご参列はご遠慮いただいております。今回の疫病退散祈願法要は、たった一回の祈りです。ご自宅や職場、皆様のいらっしゃる所、どこでも構いません。同じ時間に手を合わせて一緒に祈って頂ければと存じます。皆様の祈りを世界に届けたいと思います。

timeline_20191213_155614

西町青年部と日蓮宗千葉県西部青年会の共催で復興イベントを開催いたします✨
茂原を元気に!をテーマに、焼そば・フランクフルトなどなど全て無料です。是非お越し下さい🎵(数に限りがございますので、完売してしまったらゴメンナサイ)

※開場に募金箱を用意しております。集まりました募金は全て茂原市役所(10月豪雨災害義援金)へ寄付いたします。

皆様のご来場心よりお待ちしております❗

本山 藻原寺 所在地
〒297-0026 千葉県茂原市茂原1201

7月29日~31日の2泊3日にて、千葉県西部青年会(会長=山本典征、市原市行福寺住職)主催「第38回 少年少女夏季修養道場(しょうねんしょうじょ かき しゅうようどうじょう)」を、大本山清澄寺(鴨川市)を会場に開催致しました。
修養道場(しゅうようどうじょう)は、小学校3年生~中学校3年生の生徒・児童を対象に、日常生活やお寺の中での礼儀作法としての「仏前作法(ぶつぜんさほう)」などを習うと同時に、学区を越えたコミュニケーションを図る合宿です。今回は、道場生・スタッフ合わせて82人が参加しました。

[千葉西]第38回 修養道場④

1日目は、清澄寺に到着後、仏前作法と食事作法研修を行いました。

午後1時半より信育道場(しんいくどうじょう)で開場式。

つづいて山本隆真宗務所長(市原市 光福寺住職)より「日蓮聖人が過ごされたこの清澄寺で皆さんも修行に励んでほしい」と子どもたちへ激励をいただきました。
開場式後、参加者がそれぞれ自己紹介。その後、諸堂境内見学をし、歴史の長さと、随所にちりばめられた仏様の教えを一同が学びました。

夕方のおつとめでは、清澄寺祖師堂にて御開帳(おかいちょう)を受け、大きく立派な輝かしい日蓮聖人のお姿を一同拝し、驚きました。

夕食後、清澄寺の本堂である摩尼殿(まにでん)にて南無妙法蓮華経を唱え続ける、「唱題行(しょうだいぎょう)」を行いました。子ども達は、慣れない正座を数十分間がんばり、南無妙法蓮華経という仏様のおさとりの心をいっぱいお唱えし、自分の心をゆっくりと見つめ、自分の至らないところを自覚し、これから自分のするべきことを見つけられるよう、一生懸命に生きてゆく心の栄養を沢山とられました。

正座を本当に長時間耐え、限界まで挑戦する心を学びました。

[千葉西]第38回 修養道場③

2日目は、早朝4時に起床。旭が森で曇天の中ではありましたが、ご来光に向かってお題目・南無妙法蓮華経をお唱えしました。

清澄寺の朝のおつとめに参加した後、朝食。午前中一杯を使って、「写経の修行」として、お題目・南無妙法蓮華経を中心に据え、新元号「令和」の文字と、その由来である万葉集の一節、更には各々の「夢」を記した「記念額作り」を行いました。
午後からはレクリエーションの大カルタ大会やクイズ大会をし、思いっきり楽しみました。

夕方のおつとめでは、午前中に行った「写経記念額」に込められたお願いが叶うように僧侶がご祈祷し魂入れを行いました。

日蓮宗独自の木劔修法(ぼっけんしゅほう)祈祷(きとう)を初めて目にする子ども達も多く、驚きの眼差しが多く見られました。
夜は、キャンプファイヤーの燃え上がる炎を囲みながら、レクリエーションや花火を行い、皆で交流を深めました。
3日目は、午前9時より山本会長を導師に閉場式を行い、参加の子ども達に修了証が授与され、修行をがんばった参加者の一人一人に更なる飛躍を願い、激励しました。

[千葉西]第38回 修養道場②

閉場式後、清澄寺を出発し、最後のお楽しみである富津市のマザー牧場へ向いました。マザー牧場では、皆でジンギスカンに舌鼓をうち、その後、羊のシープショーを観覧。ファームツアーでは動物の餌やりを体験。おおいに楽しみ、笑顔で帰路に着きました。
子ども達からは、来年もまた参加したいという声が多くあがりました。

ご参加いただいた、皆様お疲れ様でございました。ありがとうございました。

また来年も開催予定ですので、お待ちしております。

[千葉西]第38回 修養道場

2019年5月23日

第18回 お題目初唱会

  『お題目初唱の霊場』として知られる茂原市・本山藻原寺(持田日勇貫首)で、令和元年5月11日、「第18回お題目初唱会(しょしょうえ)」が行われ、僧侶檀信徒合わせて約100人が参加しました。

【千葉西】20190511 お題目初唱会 ②行脚道中

  正午、藻原寺大堂前から玄題旗、近隣寺院の高張提灯、持田貫首、青年会員、檀信徒が行列し、茂原市街五キロの道程を団扇太鼓を打ち鳴らしながら高らかにお題目を唱え練り歩きました。

【千葉西】20190511 お題目初唱会 ③行脚到着

  午後2時30分、雅楽の調の響く中、持田貫首を導師に大堂で法要が営まれ、日蓮大聖人ご真筆『日向聖人授与ご本尊』をご開帳し、和讃奉唱がなされました。

【千葉西】20190511 お題目初唱会 ④法要の様子

  法要後は、講談師の一龍齋貞花師匠による「七面天女の由来」が披露され、参加者を楽しませました。

  持田貫首は、『日蓮大聖人大銅像』完成への強い決意と、参加者への労いの言葉を掛けられました。法要後、仏殿において清宴が開かれ、参加者一同は互いを労うと共に懇親を深めました。

トップへ戻る

活動ブログ

  • 千葉西部の概要
  • 寺院マップ
  • 活動ブログ
  • 日蓮宗ポータルサイト