2016年11月18日

日蓮大聖人経石塚・道善御坊供養塚報恩法要

 平成28年10月27日(木)、君津市妙長寺(山田妙真住職)及び加名盛日蓮大聖人経石塚にて、日蓮大聖人経石塚・道善御坊供養塚報恩法要を厳修した。

k1

 今年は平成18年に顕彰碑が落成されて10年の節目に当たる。今回は管内教師と妙長寺、正蓮寺(市原市)、妙法寺(白子町)、本円寺(長南町)の檀信徒と合わせて37名が参加した。

 まず妙長寺で千葉県西部謹製のお題目写経を書写した後、妙長寺本堂にて土井所長(長生村・法輪寺住職)を導師に報恩法要を行った。山田住職は「10年間途切れることなく皆様がお参りに来て下さるのが励みです。全国の皆様に知っていただける様に精進いたします。」と謝辞した。

 その後に加名盛経石塚へ移動し、午後2時30分より祖師堂前にて参加者全員で報恩抄の一節を参加者全員で拝読し、いのりの日や各組の統一信行で行ったお題目写経を参加者全員で顕彰碑に納経した。

 最後に土井所長は「この加名盛は宗門史跡にも劣らない霊跡だと思っています。大勢の皆様にお参りしていただく為に宗務所は援助をしていきたい。」と述べた。

トップへ戻る

活動ブログ

  • 千葉西部の概要
  • 寺院マップ
  • 活動ブログ
  • 日蓮宗ポータルサイト