2016年11月18日

市原地区護法統一信行会

 市原地区・四組五組寺院連合主催による護法統一信行会が10月29日、市原市・光徳寺(宮川了暢住職)を会場に開催され、僧侶、檀信徒70人が参加した。

 参加者は、千葉県西部謹製のお題目写経を行った後、土井了真宗務所長(長生村・法輪寺住職)から、長年光徳寺の総代を務められている中村眞司氏に感謝状が手渡された。

 その後、宮川住職を導師にお会式法要が執り行われ、法要中、檀信徒を代表し、光徳寺の塙善一郎総代から誓願文が読み上げられた。

 法要後、土井所長が「一心にお題目をお唱えしていただきたい。必ずや諸天善神がお護りいただけることは、間違いないことです。そして心を込めてお題目をお唱えすることを多くの方へ勧めていただきたい」と挨拶した。また、宮川住職が、「常に慈しみの心を持っていた日蓮聖人は私たちにとって大きな誇りです」と熱く語った。

 最後に、噺家の柳家蝠よしさんの落語が披露され和やかな雰囲気の中、閉会となった。参加者からは、「500羅漢像が有名な由緒あるお寺にお参りして、厳粛な法要、人間味あふれる宮川住職の話を聞き、充実した時を過ごすことが出来た」との声が聞かれた。

トップへ戻る

活動ブログ

  • 千葉西部の概要
  • 寺院マップ
  • 活動ブログ
  • 日蓮宗ポータルサイト