2017年10月3日

平成29年度檀信徒協議会総会

千葉県西部宗務所(土井了真所長)では6月24日、茂原市・本山藻原寺(持田日勇貫首)に於いて、檀信徒協議会(今井靖夫会長、市原市・長妙寺檀徒)総会を開催し、管内寺院檀信徒代表者122名が出席しました。
檀信徒協議会とは、管内寺院の檀信徒の代表者の集まりで、管内寺院の発展を協議し、檀信徒の信仰を分かち合います。

檀信徒

初めに大堂にて、持田貫首を導師に会員物故者の慰霊と平和を祈願する法要が営まれました。
次に、大西秀樹上人(日蓮宗常任布教師、京都市松林寺住職)を講師に迎え、宗務院発行『檀信徒信行の手引き』から「総代役員としての寺院護持の心構え」と題して、檀信徒の心得とお寺の先達としての総代の役割について講演されました。

午後3時より、仏殿に移動し、泉良弘檀信徒青年会副会長(茂原市・藻原寺檀徒)司会のもと、今井会長が議長を務め、平成28年度事業報告・決算報告、平成29年度事業計画案・予算案が承認されました。

また、本年度は役員改選が行われ会長・副会長の留任が決まり、その他では岩倉康進上人(日蓮宗新聞社営業部主任)が、全国の檀信徒の信仰体験などが掲載されている日蓮宗新聞の大切さを伝えました。
最後に増田寶雲青年会会長(茂原市・妙樂寺住職)が身延山で行われる第36回少年少女夏季修養道場の助成への御礼と子供の参加を呼びかけ、閉会しました。

トップへ戻る

活動ブログ

  • 千葉西部の概要
  • 寺院マップ
  • 活動ブログ
  • 日蓮宗ポータルサイト