2018年9月19日

第37回「少年少女夏季修養道場(しゅうようどうじょう)」

日蓮宗千葉県西部青年会(山本典征会長)は、7月25日から27日(2泊3日)、第37回「少年少女夏季修養道場」を開催し、道場生、スタッフ合わせ56人が参加した。
1日目、茂原市茂原 日蓮宗本山東身延 藻原寺(そうげんじ)(貫首・持田日勇住職)に集合。自己紹介、仏前作法、食事作法の後、持田貫首を導師に開場式を挙行。

法要後、土井了真宗務所長(長生村 法輪寺住職)より挨拶があり「この3日間の修養道場で、食事のありがたみ、物のありがたみを学んでほしい」と子どもたちを激励した。

開場式の後、長柄町(ながらまち)千葉市少年自然の家に移動。竹で万華鏡を作成したり、参加者同志で懇親を深めました。

2日目は、カレー作りを行い、包丁で食材を切ったり、お米を研いだりすることが初体験の子がいて、スタッフが傍に寄り添いながら、丁寧に指導。「お母さんが毎日食事を作ることがどれだけ大変か分かったかな」と話しながら、和気あいあいと食事作りに励んだ。

夕食後、キャンプファイヤーを行い、燃え上がる火を囲みながらレクを楽しみ、子どもたち同士の交流がさらに深まった。

3日目は、感想文を書いた後、山本会長を導師に閉場式を行い、参加の子供たちに修了証が授与された。法要後、長柄町の町営プールで楽しみ、笑顔で皆が帰路に着いた。

トップへ戻る

活動ブログ

  • 千葉西部の概要
  • 寺院マップ
  • 活動ブログ
  • 日蓮宗ポータルサイト