2018年12月25日

修養道場同窓会(しゅうようどうじょう どうそうかい)

日蓮宗千葉県西部青年会(会長・山本典征 市原市 行福寺住職)は、12月16日(日)に修養道場同窓会(しゅうようどうじょう どうそうかい)を日蓮宗本山茂原市茂原 藻原寺(持田日勇貫首)で開催し、青年会会員・修養道場生・保護者20名が参加した。

この企画は夏の修養道場に参加した子どもだけでなく、その友人や親子参加型で毎年開催している。

今回は宗祖降誕800年記念事業・青少幼年サミット主催の「お坊さんと一緒に社会貢献」に則り、「親子でやろう!ボランティア活動!」と題して保護者同伴で地域の清掃活動を行った。

DSC_0320

DSC_0320

午後1時に藻原寺の仏殿(ぶつでん 本堂に該当する建物)に集合し、藻原寺を出発。茂原市役所周辺から茂原公園を通って約1キロの道のりを1時間かけて清掃した。一見きれいに見えていても、タバコの吸い殻や紙くずなどの細かいゴミが落ちていて、到着時には用意したゴミ袋がいっぱいになっていた。通行人から「ご苦労様」「ありがとう」等の声を掛けられ、一層やる気が出る子どもの姿が目立った。

DSC_0328

DSC_0328

参加者は少人数ではあったが、親子や気の合う仲間との自由な環境の中で行う清掃活動は、学校行事とは一味違う体験となった様子。

藻原寺到着後は写経やレクリエーションを行い、本年行った第37回少年少女夏季修養道場(7月25~27日)を撮影・編集したDVD(青年会作成)を鑑賞。

保護者は、「夏季修養道場中の子ども達の様子が見ることができて、とても安心しました」「次回も是非参加させたい」「参加させて良かった」と喜ばしいお言葉がスタッフに寄せられた。

子ども達は来年の夏に再会出来る日を楽しみに お別れを惜しみながら午後4時30分 家路についた。

トップへ戻る

活動ブログ

  • 千葉西部の概要
  • 寺院マップ
  • 活動ブログ
  • 日蓮宗ポータルサイト