日蓮聖人ご直筆の御題目写経のすすめ

shakyou日蓮宗千葉県西部宗務所では、御題目写経(おだいもくしゃきょう)を推進しています。

 

◎御題目写経の尊さ

 この御題目写経は、日蓮聖人のご直筆のお題目・南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)そのものを書写させて頂くものです。同時に1枚ごとにお題目を10遍ずつお唱えし、その功徳・お力をそのままに頂戴できる有り難く尊い唱題写経修行(しょうだいしゃきょうしゅぎょう)です。

 

◎日蓮聖人のご直筆の御題目

 御題目「南無妙法蓮華経」には、生きとし生けるものを常に救い導かれる み佛の限りない智慧と慈悲のお心がこめられています。
この拝写させていただく『御題目写経』の御題目は、日蓮聖人がご臨終の時に枕辺お祀りされたお曼荼羅で「臨滅度時のご本尊(りんめつどじのごほんぞん)」と呼ばれ、神奈川県鎌倉市・日蓮宗本山妙本寺に格護されているものから頂いたものです。
ご本尊には、一切の人々を妙法蓮華経によって救われ、佛になる姿が完全に示されています。
私たちは、その妙法蓮華経を信じて御題目を唱え、身を清め、心を高め、人格の向上を目指すのです。

 ご本佛(ごほんぶつ)様の魂、日蓮聖人の魂に直に触れることのできる尊いご修行となります。どなた様もどうぞ、手に取り、功徳を頂戴していただければと存じます。

shakyou001

 

◎御題目写経セット

(1)本体…1枚
(2)下敷き手本…1枚
(3)なぞり書き用紙…5枚
(4)写し書き用紙…5枚
(5)御題目写経浄めの香の札…1枚

 

◎お題目を弘める功徳

この「御題目写経」の実践の功徳は、はかりしれないものですが、さらにお一人でも多くの方々にお勧めすることが最高の功徳となります。お宗旨にとらわれず、お知り合いやご友人・お子様等にも是非おすすめください。

 

◎御題目写経の挿絵 岩崎巴人(いわさきはじん)画伯

1917年、東京都新宿区に生まれる。1931年、川端画学校に入学。岡村葵園より東洋思想を学ぶ。巴人の号を受ける。玉村方久斗のホクト社展にはじめて作品を16歳で出品する。19歳川端龍子の青龍社に入選。次の年には日本美術院に入選。20歳前後で巴人の存在は知られる様になる。院展には出品を続け小林古径の門下に。古径の死により、新興美術院同人として出品を続け、また、同志と日本美術展・秀作展などにも連続出品する。縁ありて仏門に入り、自他平等、一如を行じ、さらにインドに壁画、その他佛伝の絵を描き、今日、一休、良寛、日觀などの古法にもとづく東洋画の真骨頂を願求している。(一般になじみ深いのはNHK水墨画の講師としての6か月、日曜美術館などのテレビ多数出演)
1999年千葉県館山市名誉市民。2010年5月9日、93歳にてご逝去。


御題目写経セットのお申し込みは、以下の御題目写経推進本部または所属寺院までお願い致します。

 

日蓮宗千葉県西部宗務所 御題目写経推進本部
〒290-0005 千葉県市原市山木943 妙栄寺中
電話 0436(41)7232 FAX 0436(41)7303
郵便振替口座 0240-7-80955 「御題目写経推進本部」

 

なお、『御題目写経運動推進賛助金』は以下の通りお願いしております。

 

  1. 写経セット(一組)…1,000円
  2. なぞり書き用紙(一組10枚)…350円
  3. 写し書き用紙(一組10枚)…300円

 

※申し訳ございませんが、送料・送金手数料は、ご依頼主にご負担をお願い申し上げております。

※もし、納経供養をご希望の場合は、当管区にあります『日蓮大聖人経塚・道善御房供養塚』への納経供養を
  年2回(3月と10月)おこなっております。上記の推進本部へご連絡ください。

トップへ戻る

  • 千葉西部の概要
  • 寺院マップ
  • 活動ブログ
  • 日蓮宗ポータルサイト