2018年2月7日

修養道場同窓会

千葉県西部青年会(会長・増田寶雲 茂原市 妙樂寺住職)は、12月26日(火)に修養道場同窓会を本山藻原寺(持田日勇貫首)で開催し、青年会員・道場生・保護者を合わせて40名が参加した。この企画は修養道場に参加した子供だけでなく、その友人や親子参加型で毎年開催している。今回は子供たちに色々な遊びを紹介している団体「ハックルベリー」を招いて昔遊び体験を行った。

 

DSC_0680

 

午前10時に大堂前にて昔遊び体験が始まり、コマや竹馬などの他に地域に伝わる遊具の遊び方を丁寧に紹介した。初めて見る物に子供以上に真剣に取り組む保護者の姿も見られ、師走の境内に子供たちの笑い声が響いた。その後に昼食を挟み、午後からは仏殿にてペットボトルを使った空気砲や、割りばしで作るゴム鉄砲などの工作を行った。最後にカルタ大会で盛り上がり午後3時に解散となった。

 

 

DSC_0682

 

DSC_0722

千葉県西部宗務所(土井了真所長・長生村 法輪寺住職)では檀信徒青年会連絡協議会(鈴木敏文会長)主催のもと、宗務所と檀信徒協議会(今井靖夫会長)の後援で1月21日(日)に「第7回 日蓮宗大荒行堂お見舞い並び東京ソラマチ自由散策研修」と題して研修会を開催し、僧侶檀信徒併せて45名が参加した。

 

DSC_0758

午前7時頃に茂原・市原地区をそれぞれ出発したバスは、途中の高速道路パーキングで合流して9時に大本山法華経寺に到着。9時半から当管区より入行中の第五行・畠山義浄師(茂原市・實相寺住職)を導師に外堂祈祷を受けた。その後の面会で畠山師は「一日一日を大切に修行させていただいおり、本日の面会で皆様にそれを乗り切る活力をいただいた。」と話し、参加者は真剣に聞き入っていた。

DSC_0754

その後、東京スカイツリーへ移動し、最上階の天望回廊からの景色を堪能し、各々自由散策の後に午後4時半に帰路に着いた。鈴木会長は車中の挨拶の中で「回数を重ねて参加者も多くなり、だいぶ馴染んできたと思う。また次回のご参加をお待ちしております。」と述べた。正月の日曜日とあって混雑が心配されたが、渋滞やトラブルもなく有意義な研修会となった。

2017年12月14日

歳末助け合い募金

千葉県内 茂原市・長生郡・市原市・木更津市・富津市・君津市・袖ヶ浦市の日蓮宗寺院112、結社1で組織する「日蓮宗千葉県西部社会教化事業協会(通称・社教会しゃきょうかい)」(市原市八幡 円頓寺住職 山津顕什会長)は、11月27日 午後5時より、市原市社会福祉協議会、千葉県西部寺庭婦人会協力のもと15名で、「歳末助け合い募金」の活動を、JR内房線 市原市 八幡宿駅構内にて行った。

募金1

通学通勤の人々が行き交う中、募金の協力を願う声かけを行い、多くの人が足を止め、募金に協力をして頂いた

募金2

集められた募金19,046円は、千葉県共同募金会 市原市支会にすべて寄託された。

募金3

募金にご協力頂きました皆様、誠にありがとうございました 合掌

寺フェス1

館山自動車道 君津インターチェンジにほど近い 君津市三直 蓮久寺(れんきゅうじ)江口隆晶(えぐち りゅうしょう)住職で11月19日「寺フェス蓮久寺~結YUI~」が営まれ、地域の親子約350人が参加した。

蓮久寺がある地区では昭和35年頃から企業の社宅や分譲住宅の建設が進み、新住民が増えていった。そこで、新旧の住民の交流を図ろうと、当時住職 江口隆祥前住職が昭和59年から「蓮久寺まつり」を開催。檀家もスタッフとして協力し、盛大に行っていた。ただ、運営側の負担が大きくなり、祭りは平成3年を最後に途切れていた。

江口隆晶住職は、山梨県南巨摩郡にある古より修験道の聖地でもある日蓮宗に縁が深い、七面大明神様をお祀りされる七面山(しちめんざん)敬慎院(けいしんいん)に山務の後、平成25年に自坊に戻った。江口住職が感じたのは、住民の結びつきが以前より薄れていたことだった。「もう一度、人と人との心がつながり、活気に満ちた地域にしたい」と考え、本堂を使って、写経会や映画の上映会を行う「寺シネマ」や、陶芸教室などをこの4年間開いて地域との交流を深めてきた。

こうした中で知り合った仲間に、祭りの復活を持ちかけたところ、同意を得て、今年5月に実行委員会を結成。準備を進めてきた。

寺フェスでは、境内にて沖縄そば、たい焼き、バームクーヘンなどの20の店が並び、アクロヨガやスラックラインなどの体験、ドッグショーなどが行われた。
日蓮宗のゆるキャラ こぞうくん も駆けつけてくださり、子供達一番の人気者であった。

寺フェス3

また、境内に設けられた特設ステージ上では、江口住職夫婦と縁の深い、川名湛忍(かわな かんにん)師(静岡県 富士川町 善国寺住職)による「法話ライブ」では、川名師自ら作詞作曲した仏教ソングに、観客は真剣に耳を傾けていた。

寺フェス2

祭りの終わりに江口住職は「今回の寺フェスは、一人で出来ることではありません。たくさんの「結」があってこそ出来ること。一人で生きているのではない、共に生きているんだ、自分だけ栄えていくのではなく、共にみんなで栄えていくんだ、そんなことをこの寺フェスではお伝え致したく、私自身も改めて感じた次第です。これからも、地域の方々に必要とされるお寺、みんなが笑顔になれるお寺、そんな環境作りに精進して参ります」とお礼の言葉を述べた。

江口隆晶住職は、古き良き伝統と受け継ぎつつ、新たな時代を見据え、人々から信頼を寄せる僧侶として、今、注目されている一人でもある。
地元においても、青少年相談員等、社会貢献活動にも尽力している。

11月1日から3日まで、檀信徒協議会(今井靖夫会長)並びに檀信徒青年会連絡協議会(鈴木敏文会長)と共催で東日本大震災復興支援第六回慰霊団参を開催し、教師・檀信徒39名が参加しました。

DSCF0593

一日目はバスにて現地に向かいました。その間福島で布教活動をしている佐野泰之師(茂原市如意輪寺住職)が法話。福島の現状を報告し自らの活動を通じて学んだ今なお続く災害の恐ろしさと復興支援また植樹の意義を「身を施す」身施とし実践の重要性を語りました。さらに田澤元泰師(茂原市妙弘寺住職)は最近被災地で度々心霊現象がみられる現実を紹介し亡き霊位へのいのりの場所はどこなのか、亡き被災者との時間を共有してほしいと慰霊法要の根本を説きました。さらに宿泊地の釜石市宝来館では「民話を伝える会」北村弘子女史と藤原マチ子女史の二人の主婦の相撲甚句にのせた歌詞での『あの日あの時甚句』を披露頂きました。

DSCF0594 DSCF0598

宝来館の女将の一言をきっかけに二人の共作で詩を作り、現在は九編があります。その中の藤原女史の兄を唄った兄弟編、感謝編、釜石東

DSCF0603

中鵜住居小編の三編が披露され、震災の現実を肌で感じました。

二日目は、大槌町蓮乗寺(木藤養顕住職)に向かい。木藤住職導師に震災物故者の慰霊法要を厳修しました。

DSCF0605

続いて参加の僧俗一体となって境内地に枝垂れ桜の植樹を行いました。

DSCF0628

 

この活動は平成26年10月第四回慰霊団参の時、釜石市で行われていた「桜を植える活動」を知りその趣旨に賛同して、翌年に浄財勧募を展開しています。これまでに700本分の浄財を集めました。ことに茂原市アスモさんには多大な援助を頂戴し、釜石市に寄贈。釜石市仙壽院の芝崎惠應釜石に桜を植える会事務局長の計らいで今回の植樹活動に至りました。参加者一同協力し、桜を植樹いたしました。結びに芝崎事務局長より御礼の言葉を頂戴しました。

 

DSCF0653 DSCF0672

午後からは遠野を巡り翌日は宮沢賢治記念館とえさし藤原の里と各地を回って、帰路に着きました。

参加者からは「回を重ねた団参の中で最も達成感のあるもので、関われたことに感謝したい」という喜びの声と未だ進まない復興の現状を学ぶ充実したものとなりました。

トップへ戻る

活動ブログ

  • 千葉西部の概要
  • 寺院マップ
  • 活動ブログ
  • 日蓮宗ポータルサイト