日蓮宗総本山身延山久遠寺後援にて来年迎える開闢750年を記念した新作オペラ「日蓮の宇宙-曼荼羅世界」が令和4年8月31日(水)、9月1日(木)の両日に亘り東京都渋谷区新国立劇場で公演された。千葉県西部宗務所では団参を企画、コロナ禍にもかかわらず123名の参加があった。

作曲家の仙道作三氏が数年の歳月をかけて日蓮聖人の足跡を訪ね書き下ろした潭身の大作と銘打たれただけあって、壮大なスケールにて父母を想い民衆 を想う、心優しい日蓮聖人の姿を見事なオーケストラの演奏と共に出演者の演技・歌唱力にて表現され、参加者みな感動の中幕が閉じた。

トップへ戻る

活動ブログ

  • 千葉西部の概要
  • 寺院マップ
  • 活動ブログ
  • 日蓮宗ポータルサイト