令和6年3月16日(土)14時より、君津市妙長寺、奥の院(君津市加名盛)に於いて、道善房聖人第749遠忌報恩法要が山田妙真上人(君津市妙長寺住職)を、導師に執り行われ教師檀信徒合わせて約30名が参加しました。

この法要は毎年道善坊の祥月命日に行われ、本年は749遠忌にあたり法要中に報恩行和讃が奉唱され、法要後には、千葉西部謹製御題目写経を写経功徳聚へ納め、その後山頂にある道善御房供養塚をお参りしました。

挨拶において、山田上人は「750遠忌に向け、皆さんと報恩抄を唱えられることは有難い限りです。」と、感謝を述べられ、檀信徒からも「日蓮聖人のいらっしゃった加名盛の地で和讃ができて、心が洗われるようだ。」と、日蓮聖人在世を偲ばれました。

 

S__34414599_0S__34414598_0
S__34414601_0

3月16日、市原市円頓寺にて本堂再建、客殿新築の「復興再建奉告式」が執り行われました。

市原市円頓寺新本堂写真

円頓寺は令和元年9月、房総半島に甚大な被害をもたらした台風で本堂の屋根が全壊し、境内の各所でも大きな被害を受けました。

住職、総代、役員たちによる再建の努力は、同じく被害を受けた檀信徒の生活を優先するため、思うように進まず、さらに翌年からのコロナウイルス感染拡大により全てが停滞し、再建への道は容易ではなかったとの事です。

しかし、被害から2年後、浄財の勧募が始まると予想外の寄付が集まりました。「これも、あれほどの被害に遭いながらほぼ無傷でいてくださったご本尊の導きと、本堂再建への理解と協力をしてくださった檀信徒の皆さんのおかげです」と山津住職は述べ、当日出席した140名のお檀家さんや信徒さんと共に新本堂で読経唱題を捧げました。

トップへ戻る

活動ブログ

  • 千葉西部の概要
  • 寺院マップ
  • 活動ブログ
  • 日蓮宗ポータルサイト